悪意に満ちた炎上の恐怖

インターネットの発達によって人々の暮らしは便利になりましたが、その便利さゆえに生まれる問題も存在します。ちょっとしたきっかけからインターネット上に潜む不特定多数の人物によって誹謗中傷を受ける、いわゆる炎上はそれこそ毎日のように起こっています。大規模な炎上になると数年単位で悪口を書き込まれ続けるというケースさえあります。多くの場合悪意ある書き込みをした人物にとって炎上した人物は本来単なる他人ですが、他人だからこそ無遠慮な悪意に満ちています。

余計なことをしないのが一番

誹謗中傷対策にはどのようなことをすれば良いのでしょうか。まず大切なのはインターネット上というだけでなく、一般的な倫理観を身につけて余計なことをしないのが一番です。しかしどれだけ気をつけても炎上に巻き込まれる時は巻き込まれます。その時はとにかくおとなしくしておくのが一番安全な方法です。言いたいことがあっても勢い良く炎上している時は聞く耳を持つ人が多くないので、主張しても多くの場合は無駄となります。叩かれている部分に関しては謝罪するしかありません。

最後はいかに頭を下げられるか

インターネット上における誹謗中傷対策を専門にする弁護士も存在します。心配ならばそういった専門家に相談してみるのも手ですが、反撃を試みようなどと思ってはいけません。実際のケースとして弁護士に悪意ある書き込みをした投稿者のIPを開示させた人物がいましたが、弁護士ごと炎上してしまいました。とにかく炎上とは言い分の正しさが問題なのではないのですから、言いたいことはひとまず飲み込んでひたすら頭を下げるのが結局は正しい方法となります。

現代は、無責任に個人や企業の中傷記事を発信できる時代ですが、ビジネスにおいても誹謗中傷対策は必須とも言えます。個人で監視ツールを使うこともできますが、専門の業者に依頼することも可能です。