研修のもつ役割について

学生時代を卒業するとき、首席であっても社会人においては、すぐに通用することはありません。ビジネスのプロフェッショナルとしての振る舞いや行動を、新人から自分の物にすることが重要なのです。新入社員時に持たれた人間のインプレッションは、その会社組織で働いている間、ついて離れないものです。名刺の差し出し方法、あるいはお辞儀などプロフェショナルな仕事人としての適格性を積みあげるスタンスを抱かせるのが研修の役割とも言えます。

自らを上昇させることによって研修が充実できます

会社組織は研修システムを設定しておりますが、自らの技能を上昇させていくには自身の努力がないと上向きになるものではありません。とりわけ、社員時代の研修については、現場の実務に対しての研修が中心になります。会社の業務の能率を高くするために部署ごとに実行されることが多くなります。次なる世代の中堅幹部であったり管理職に対しての研修は、選別された社員のみが受講できます。一生、一般的な社員であれば、受講のチャンスはあり得ません。常時、上を狙った自分自身への育成が必要不可欠です。

新入社員研修のコンセプトとは

仕事そのものは、連日積み上げる必要な作業がベースになります。とりわけ入社して数年間は必要な作業の連続であるので、仕事そのものに興味深さがもたらされることがありません。しかしながら、仕事を楽しくする方法を教示するのも新入社員研修のコンセプトです。このことは、自らの決意で目標を決定することです。手が及ばないような目標では無く、実現可能なレベルに設け、どの時点までに、どういうことを、どのようにしてを行なうのかを明瞭にすることになります。

社員研修では、経験豊富な講師による内容の濃い研修が可能なので、社員のスキルアップやモチベーション維持に大変役立ちます。

接客教育の詳細はこちら