省エネルギーなLED照明?!

従来の電球の場合は70wも消費していたものがLED電球に変えた場合は12wしか消費しないのです。またCO2も大幅に削減されるように出来ているため地球温暖化の防止に貢献できるということになるのです。LEDの場合の発光電気はすべて目に見えるものですが他の電気類は発光電気に無駄な目に見えないものも出てしまっているのです。そのためLEDには無駄がないと言えますね。将来の自分の子供たちのためにも温暖化防止はしていきたいものですね。

長持ちするLED電球?!

従来の白熱電球の場合は1000時間から2000時間くらいまでしか持ちませんでしたがLED電球の場合は4万時間から6万時間と使用できる時間が大幅に多くなります。自宅の電球など高いところの交換があまりできない人などには交換が長い間不要なのでおすすめでしょう。また白熱電球の場合は寿命がくると急に電球が切れてしまうということがありました。しかし、LED電球の場合は寿命が来てしまっても少しずつ電気の強さが弱くなっていくのみで急に切れてしまうということがありません。

LED電球は発光するが発熱しない?!

従来の白熱電球の場合は発熱していました。しかし、LED電球は発光していても発熱することはありません。そのため照明器具に触っても熱いということがなくなったので熱の問題で取り付けることができなかった場所にも照明が取り付けられるようになりました。また、光に赤外線が含まれていないため光が当たっている場所が熱くなるということもありません。しかし、LEDが埋め込まれている基盤や機器は多少熱くなるということがあるため耐熱対策は必要ですね。

ledパネルとは光の三原則を用意した画素を用いてデザイン面を背後からライトアップする電飾看板の様なものです。蛍光灯とは違い省エネで長寿命で綺麗な光が特徴です。

LED看板の詳細はこちら