お客さんが最初に目にするのはショップ名

街の通りを歩けば多くのお店を見かけますが、どのお店も皆看板や店舗に大きく店の名前が書かれています。中には何のお店か分からないけれど名前だけが大きく表示されているようなところも。それはお店の名前こそがお客さんにとって最初に印象が強いものだからにほかなりません。同じ業種でサービスの差別化が難しくても、お店の名前だけは確実に違ったものがつけられます。お店の名前でまず興味を引き他との差をつけることができるのです。

どんな名前をつけたらいいの?

サービスに自身があるから名前なんてどうでもいい、と考えられる方もいるかもしれません。ですが、自分が新しいお店を開拓するときにどうするのかを思い出してください。なんだか業種からすぐに想像できるような没個性の名前だと、お店に入る前から期待感がしぼんだりはしないでしょうか。ですがサービスとお店の名前がちぐはぐでも、なんとなく近づき難いものです。そこで、まずは開業予定のショップのサイトを検索サイトで探してみましょう。

目を惹きつける法則を探す

全く同じものが売れ続けることが少ないのと同じように、お店の名前のつけかたも流行りが移り変わります。検索サイトで探した同業者の名前を書き出して、そこからどんなイメージが込められているのかを考えてみましょう。多くのお店から自分が気になった、つい目がいったものは特にです。どう他のお店と違うのかが分かれば、その法則を元にそれまで考えていたお店の名前で大丈夫か、それとも少し手直しした方がいいのかがすぐに分かるでしょう。そうすることで、たくさんの同業者から一歩先にでることができるのです。

ecサイト構築では、専門的な技術やデザイン面におけるセンスなど、様々な能力が必要となります。そのため、プロに依頼することで、より完成度の高いサイトに仕上がります。